城ヶ島沖の海鳥観察グループ

 城ヶ島沖 Japanese Murrelet カンムリウミスズメ (Linocut and monoprint 2014) © 2014 Narisa Togo.

© 2014 Narisa Togo.

「城ヶ島沖」 東郷なりさ(Narisa Togo)
生物:カンムリウミスズメ、シロハラトウゾクカモメ
技法:リノリウム版画、モノプリント
http://narisatogo.blogspot.jp/


城ヶ島沖は一気に水深が深くなっているため,津波が押し寄せても海面の変化が小さいまま,岸の直前で急激に波が高くなる恐れがありますので地震、津波には厳に注意してください。

春の神奈川県三浦市の城ヶ島。島の西のはずれにある磯の先端に立って太平洋を眺めてみる。一見、何もいなそうな海原に目を凝らすとオオミズナギドリの群が帯 状になって東へ流れているのがわかるだろう。その群をしばらく望遠鏡で観察してみよう。ミズナギドリを追い越すようにトウゾクカモメやウミスズメの仲間が 飛んでいくのが見られるかもしれない。

このサイトでは、海岸から海上の鳥を観察する魅力を紹介し、あまりなじみのない海鳥たちについて興味を持つきっかけになってほしいと思っている。



カンムリウミスズメからのお願い
~ 三浦半島沿岸及び沖合い海上における
カンムリウミスズメ観察ルール ~

  海鳥識別ハンドブック   カモメ識別ハンドブック