1 / 512345
お知らせ

船上観察結果2017/06/03

今年2回目の日本野鳥の会神奈川支部と合同での船上観察。 前日は南の強風でしたが、当日の午前中は凪でよいコンディション。しかし、海鳥は種類、数ともに低調でした。昼前から南寄りの風になって波が立つようになってから、まずまずの潮目に2回当たりましたが、アカエリヒレアシシギはいくつか見つけたもののウミスズメ類はウミスズメ1羽のみを確認できただけでした。それでも、オオミズナギドリの群や泳ぎ回るハナゴンドウの群れなど船上ならではの観察を楽しめました。 (観察された海鳥)シロエリオオハム1、オオミズナギドリ425、ハシボソミズナギドリ12、ヒメウ2、アカエリヒレアシシギ17、アジサシ3、ウミスズメ1など。ほか、ハナゴンドウ10± など。(写真は、アカエリヒレアシシギ、ウミスズメ。益田光年氏撮影)

» 続きを読む

お知らせ

船上観察結果2017/05/20

日本野鳥の会神奈川支部と合同で三浦半島沖で船上観察を行いました。 天気は最高で、心配した昼からの南風も強風にならずまずまずのコンディションでした。クロアシアホウドリは今回も浮いていたり、飛んでいたりする個体を複数見たのですが、良い潮目と思えた場所で期待したカンムリウミスズメの親子やアカエリヒレアシシギの群などの鳥が見当たらず苦戦しました。 (観察された海鳥)シロエリオオハム1、クロアシアホウドリ5、オオミズナギドリ270、ハシボソミズナギドリ44、アカアシミズナギドリ1、ヒメウ9、アカエリヒレアシシギ4、トウゾクカモメ類1、カンムリウミスズメ2、ウミスズメ類2など。ほか、ハナゴンドウ10± など。(写真は、クロアシアホウドリ、トウゾクカモメ類の1種。小田谷嘉弥氏撮影)

» 続きを読む

お知らせ

相模湾船上調査結果2017/05/14

今年3回目の船上調査を実施しました。終始やや強い北東風が吹き、前日の低気圧通過の余波らしいうねりもあり、揺れるは潮は被るはで厳しい観察条件でした。中盤まではクロトウゾクカモメ、シロエリオオハム、アジサシなど飛んでいる鳥は見たものの、海面に浮く鳥は皆無に近く、ウミスズメ類はまったく見つかりませんでした。しかし、後半に西の海域でカンムリウミスズメの親子、アカエリヒレアシシギの群、海面で休息するクロアシアホウドリの群などこの時期ならではの海鳥たちを堪能できました。また、改めて相模湾の海域がこれらの海鳥たちにとって重要であることを再確認しました。 (観察された海鳥) オオハム1、シロエリオオハム8、アビ類11、クロアシアホウドリ11、オオミズナギドリ1200、ハシボソミズナギドリ2、トウネン1、アカエリヒレアシシギ141、ハイイロヒレアシシギ2、クロトウゾクカモメ3、シロハラトウゾクカモメ1、アジサシ80、アジサシ類11、カンムリウミスズメ7(うちヒナ2)、ウトウ2など。他にハナゴンドウ1、イルカ類1、×アカウミガメ→○アオウミガメ(死体)1。(写真はアカエリヒレアシシギの群、クロアシアホウドリの群。飯田智氏撮影)    

» 続きを読む

お知らせ

相模湾船上調査結果2017/04/30

午前中は大変穏やかな海況でまずは船を沖に走らせました。潮目では見事に赤銅色の夏羽になったハイイロヒレアシシギのメスや流木で休むアジサシの群などをのんびり観察できました。昼から南西の風が吹きはじめ、城ヶ島付近まで戻って、三浦半島沿岸を航行しました。 カンムリウミスズメは潮目などで計7羽を観察。ウミスズメは渡り途中の群れなのか5~10羽くらいの群をいくつも見ました。 (観察された海鳥) シロエリオオハム5、オオミズナギドリ300、ハシボソミズナギドリ1、ハイイロヒレアシシギ4、ウミネコ50、ユリカモメ100、 アジサシ98、シロハラトウゾクカモメ1、トウゾクカモメ類3、ウミスズメ84、カンムリウミスズメ7、ウトウ22など。(写真は 左からハイイロヒレアシシギ、カンムリウミスズメ、アジサシ。神戸宇孝氏撮影)

» 続きを読む

お知らせ

相模湾船上調査結果2017/03/25

三浦半島沿岸で船から海鳥の調査を実施しました。午前中は北風が強く寒かったのですが、昼から穏やかになりました。江ノ島から沖ノ瀬まで広い海域を走り、カンムリウミスズメは荒崎沖~沖ノ瀬付近で計15羽を記録しました。ウミスズメとウトウはそれより広い海域でそれぞれ約50羽ずつ記録しました。ほかに潮目でハイイロヒレアシシギを初認。 (観察された海鳥)オオハム5、シロエリオオハム10、アビ類68、アカエリカイツブリ9、カンムリカイツブリ3、クロアシアホウドリ2、オオミズナギドリ32、ウミウ30、ヒメウ1、マガモ2、ウミアイサ3、ハイイロヒレアシシギ1、ウミネコ60、ユリカモメ74、ミツユビカモメ6、カモメ4、セグロカモメ3、オオセグロカモメ68、ウミスズメ50、カンムリウミスズメ15、ウトウ53、ウミスズメ類1など。(写真はウトウ、クロアシアホウドリ、カンムリウミスズメ。佐久間昭宏氏撮影)

» 続きを読む

お知らせ

2017年 城ヶ島沖の海鳥観察会のご案内

[ 2017年1月22日; 08:00 〜 12:00. 08:00 〜 12:00. 2017年2月26日; 08:00 〜 12:00. 08:00 〜 12:00. 2017年3月26日; 08:00 〜 12:00. 08:00 〜 12:00. 2017年4月23日; 08:00 〜 12:00. 08:00 〜 12:00. 2017年5月28日; 08:00 〜 12:00. 08:00 〜 12:00. 2017年6月25日; 08:00 〜 12:00. 08:00 〜 12:00. ] 私たちのグループではどなたでも参加できる海鳥観察会を毎年1~6月まで、月1回開催しています。観察会と言っても鳥のいそうな場所を探して動き回るというスタイルではなく、ただ磯に座って海鳥がやってくるのをひたすら待つだけです。何が出るかは毎回違いますが、ウミスズメやウトウの群が次々通過したり、トウゾクカモメの盗賊行為が展開されたり、カムリウミスズメがのんびり海面に浮いていたり、たまにアホウドリ類の雄大な飛翔が見れたり・・・と、普段なかなか見ることのできない海鳥の世界を都心からほど近い三浦半島の先端部で体験できるかもしれません。海鳥に興味のある方、海鳥が初めての方、どうぞ気軽にご参加ください。

» 続きを読む

お知らせ

ご寄附・ご寄進のお知らせ

皆様からのご寄付は,以下の通り,10月30日にお届けしました。 武山不動院・武山観光協会  金5,000円 今シーズンも皆様のご協力に感謝致します。 共有:

» 続きを読む

お知らせ

2015年度報告書を販売中です。

2015年の武山のタカ渡り調査報告書(モノクロ18ページ – 1部¥500)の販売を開始しました。

» 続きを読む

お知らせ

相模湾船上調査結果2016/06/11

三浦半島沿岸で船から海鳥の調査を実施しました。梅雨時は一番海況が穏やかな季節で、午前中はほとんど風もなく、絶好のコンディション。ベタ凪の時間が長く、海面の鳥は見つけられたハズなのにウミスズメサイズ以下の鳥はほとんど見つかりませんでした。今シーズンはカンムリウミスズメやヒレアシシギ類は少ないシーズンと言えるでしょう。変わって先月中旬からハシボソミズナギドリは増えてきて、今日はあちこに浮いている姿が見られました。 (観察された海鳥) オオミズナギドリ503、ハシボソミズナギドリ131、シロハラトウゾクカモメ1、ウミスズメ3、カンムリウミスズメ1 など。               写真は、オオミズナギドリ(左)、ハシボソミズナギドリ(中)、シロハラトウゾクカモメ(右)。益田光年氏撮影

» 続きを読む

お知らせ

相模湾船上調査結果2016/05/14

今年3回目の船上からの調査。出港してすぐにアジサシの群れにアタックするクロトウゾクカモメを観察でき、期待したのですが、その後は北東風が吹いて波が立ち、海面の鳥は非常に探しづらい状況になってしまいました。カンムリウミスズメは1羽を観察しただけ。(観察された海鳥) シロエリオオハム2、オオミズナギドリ150、ハシボソミズナギドリ1、クロトウゾクカモメ3、アカエリヒレアシシギ40、アジサシ108、ウミスズメ13、カンムリウミスズメ1 など。 (写真はクロトウゾクカモメ(左)アカエリヒレアシシギ(右)。小田谷嘉弥氏撮影)

» 続きを読む

1 / 512345