城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/06/26

6月定例。金曜から3日間、南西強風が吹き続けた。オオミズナギドリの河は近く、ハシボソ・ハイイロミズナギドリが混じるが、珍しくハイイロの方が多い。朝早くには、アカアシカツオドリとオオアジサシが出た。11時で終了後、周辺のゴミ拾いを行った。コロナ禍は続くが、今年の定例は6回とも開催することができました。観察にゴミ拾いにご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

» 続きを読む

城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/06/11

風はほとんどなし。終始曇り。視界はよく、陽炎などがないため、ブイはくっきり。大島・伊豆とも平地はよく見えていたが、山腹から山頂部分は雲に覆われたため富士山は見えず。また、時間がたつにつれて、視界の明瞭さが失われていった。 オオミズナギドリは、常に飛んでいたし、ところどころ10羽前後で浮いていた。割と近め。 ハシボソミズナギドリも飛んでいたが、5日よりは少なく遠い。単独で数羽が浮いていたが、明らかに動きが鈍く、船がきてもぎりぎりまで動かず、飛んでもすぐに着水していた。 トウゾクカモメは、遠く、種まで区別できなかったが、視界が良好のために終始はばたく様子やシルエットなどでミズナギドリと区別できた。 オオトウゾクカモメは、オオミズナギドリが浮いているところに突っ込み、オオナギが飛び立ったときの大きさの差や、太くたくましい羽根の羽ばたきなどからオオトウと判断した。 クロアシアホウドリは、遠いものがほとんどだったが、周りのミズナギドリとのサイズ比や長い翼のシルエット、飛び方などから割と容易に識別できた。8時台と10時台は立て続けに見つけることができたので、この時期相模湾にいることは間違いなと思う。 ほかに、カワウ、ウミネコ、トビ、スズメ、ハクセキレイ。

» 続きを読む

城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/06/05

最初は抜群の視界。陽炎などがなく、ブイの向こうを通る船名が読み取れたり、 伊豆半島はもちろん、大島の山腹の建物まで見えた。しかし、時間が経つにつれて視界は普通程度になる。また富士山は雲で終始見えなかった。 オオミズナギドリは、普段と同じか多少近めの場所を時間中常に飛んでいる状態だが、4羽/分(7時)、15羽/分(8時)、60羽/分(9時)、5羽/分(10時)と推移。 もっとも、計測直後に数十羽の塊が来たり、その後カタンと飛ばなくなったり 変動が激しい。 ハシボソミズナギドリはオオミズナギドリより近い位置を同じように東に向かって飛び続けていた。(2羽/分(8時)、2羽/分(9時)、7羽/分(10時))こちらも数の変動が激しい。そのグループとは別の動きをしていたのが、「地付き」とでもいえそうな20~30羽で、更に手前の岩礁の向こう側に浮いていたり、普段ウミウやクロサギが飛ぶようなコースを右から左へ、しばらくすると左から右へと、行ったり来たりしていた。その中に数羽ハイイロミズナギドリが混じる。(動き回っていたため確認できたのは2羽) 更に「地付き」の浮いている奴の中には、ぐったりとしてただ浮いているだけのものもいて、釣り船が突っ込んできたときも、ごく近くまで来るまで飛ばず、ひかれたかと思った。既に亡くなって浮いているのもいた。 トウゾクカモメは、オオミズナギドリのカウントを終えたところでブイを通過するのを発見。距離が少しあって、尾羽も短かったが、羽の太さや体型からトウゾクカモメと判断。 オーストンは現場では気が付かず、ハシボソミズナギドリの写真の中に写りこんでいた。 ヒメウは岩礁近くに着水した後、中央の一番高さのある岩礁のてっぺんに上がって、羽を乾かしていた。幼鳥らしい褐色の体だが、首のまわりなどは緑色の光沢色になっていた。 ほかに、ツバメ、トビ、スズメ、ハクセキレイ。

» 続きを読む

城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/05/29

海は穏やかでハシボソミズナギドリが流れるように次々と通過していく。コシジロアジサシは右に左にふわふわと飛びながら潮目沿いに採餌を行っていた。アカエリヒレアシシギは潮目上に着水。

» 続きを読む

城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/05/22

5月定例。雨上がりの城ケ島。青空が広がって視界良く、北風で爽やか。しかし、鳥は遠く、少ない。時々、クロアシアホウドリがゆったりソアリングし、ハシボソミズナギドリが高速で通過していくのを見る。アビ類、トウゾクカモメ類、ウミスズメ類は見なかった。他、コシアカツバメ1など。

» 続きを読む

城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/05/04

風の割に結果は振るわず。目の前を通過したシロハラトウゾクカモメと、ユリカモメ・ウミネコと順に襲ってウミネコから餌を奪取したクロトウゾクカモメがハイライト。もう1個体のクロトウゾクカモメは内陸側(城ヶ島大橋の上あたり)を通過。

» 続きを読む

城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/05/01

沖をハシボソミズナギドリが絶えず流れており、その中を次々とトウゾクカモメ類が通過していく。8時くらいまで頻繁に飛び続け、今季初のトウゾクグランドスラムを達成。 特に多かったのはシロハラトウゾクカモメで、5羽の群れや潮目沿いで採餌をするところを観察。オオトウゾクカモメも好調で、圧巻の6羽。今季初のオーストンウミツバメも1羽遠くを直線的に羽ばたきながら飛んで行った。

» 続きを読む

城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/04/24

4月の定例。曇の北東風。9:30頃からポツポツくるが本降りにならず、11時まで観察し、ゴミ拾いして終了。海鳥は遠く少なく、低調だったが、夏羽個体を含む4羽のシロエリオオハムが海面に浮いて羽づくろいしたり、潜水する様子を観察できた。他にアオサギ5、アマサギ1、ツバメ18など。

» 続きを読む

城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/04/16

温帯低気圧に変わった台風1号は房総半島のはるか東沖を北上中で、北寄りの風強く、波は高い。朝のうち、沖を100~300羽くらいの群になったハシボソミズナギドリが頻繁に通過。群全体でダイナミックソアリングしながら高速で飛翔する姿は壮観。他の海鳥は少なかったが、クロトウゾクカモメ(生殖羽)1羽を初認した。

» 続きを読む

城ヶ島沖の海鳥観察 2022

城ヶ島沖の海鳥観察 2022/04/12

他に、ツバメ1、イルカ(背びれからカマイルカか?)5頭ほど。

» 続きを読む